Bluevox!

- CONCEPT -

生活不必需品
"un- necessities of life"

世の中はモノであふれている。
テレビ、冷蔵庫、携帯電話、普段着る洋服、食器用洗剤……
より新しく、より便利で、より安く、よりありふれたモノへ。
その絶え間ない生産と消費のサイクルが、現代の生活にもたらした価値。
――利便性。しかしそれは、“本当の豊かさ”とは違うのではないだろうか。

The world is overflowing with things. Televisions, refrigerators, cell phones, everyday clothes, dishwashing detergent... And it keeps moving towards newer, more convenient, cheaper, and more commonplace things. This constant cycle of production and consumption has given a new value to modern life. -- Convenience. But wouldn't you say that this is not exactly what "real richness" in life is about?

本当の意味で、生活を豊かにしてくれるモノとはなんだろう。
手に入れたときの喜び。そして、時を経るほどに増していく愛着。
他人には何の意味も持たないけれど、自分だけの想いを宿したモノ。
そこから生まれる生活の奥行きが、他の何物にも代えがたいモノ。
そんな“生活不必需品”を、少しずつ届けていきたいと思う。

What kinds of things would make our life richer in the real sense of the word? The happiness you feel when something becomes yours. And the attachment that grows towards it as time passes. Things that may mean nothing to others, but that hold your dearest memories. The depth of life that this creates cannot be replaced by anything. It is these "un-necessities of life" that we would like to deliver to you a little at a time.

店主 於保浩介
Shop Director Kosuke Oho

- STATEMENT -

WOWが手がけてきたビジュアルデザインには、
3Dデータを駆使したモノが多い。
フォルム、質感、ライティング……
それらに対するアーティスティックなこだわりや技術を
駆使して実際に存在するモノに落としこんでいくのが、
この「Bluevox!」プロジェクトである。
WOWが培ってきたさまざまなこだわりを、
“機能性を持ったアート作品”
のようなカタチで発信していきたい

運営メンバー

Shop director / Creative Director:
Kosuke Oho 於保浩介
Chief Supervisor:
Okisato Nagata 永田宙郷
Producer:
Michiru Sasaki 佐々木路瑠
Art Director:
Naoyuki Suzuki 鈴木直之
Web Director:
Kei Kawakami 川上圭
Web movie director:
Kohei Nakama 中間耕平
Web movie music composer:
Tomohiro Nagasaki 長崎智宏
Web Producer:
Shinichi Saeki 佐伯真一
Photographer:
Yuu Kawakami 川上友
Editor:
Keita Fukasawa 深沢慶太
Supervisor:
Hiroshi Takahashi 高橋裕士

X

SHOPPING BAG

Bluevox!

COLLECTION 02 SHIZUKU Design by Yota Kakuda × Bluevox!

三河発、新技法の超極薄漆器

日本を象徴する工芸技法のひとつ、漆工芸。
美しさに加え、耐久性や耐水性などの効能に、日本文化の智恵が生きている。
その美しい風合いを、さらなる高みへと導く、ひとつのアイデア。
“漆だけの薄さ” で、美しく、しなやかな強さを表現したいーー。

One of the craft techniques that stands as a symbol for Japan is lacquer work.
In addition to its beauty, lacquer's durability and water resistance stand as a testament to the ingenuity of Japanese culture.
One idea has taken that beautiful texture to new heights.
The desire to express the thinness of lacquer alone, beautifully, through one supple, strong surface.

漆の特長は、木、金属、革など、塗る素材を選ばないこと。
しかし、平滑度の高いプラスチックなどは、そのままでは塗ることはできなかった。
この弱点に注目したのが、愛知県・三河地方で代々、仏壇を手がけてきた塗師たち。
素地に漆を塗り重ねる伝統的な技法とは逆に、塗った漆をシリコンの型から剥がすことで、漆だけでカタチを作り出す方法を発明した。

Lacquer is most easily applied to materials such as wood, metal, and leather. However, it could not be applied to materials such as smooth plastics. This drawback caught the attention of lacquer workers involved in the production of butsudan (Buddhist altars for use in the home) in Mikawa, Aichi prefecture. They were able to invert the traditional technique of applying lacquer to a material by applying the lacquer to a silicon mold, then, peeling the lacquer away from the mold to create shapes made entirely from lacquer.

漆器の多くが同心円や多角面体なのは、漆を塗る素地があるから。
ろくろ挽きの木地なら、形も限られ、そのぶん厚さが必要になる。
その木地が不要になったことで、造形の自由度が飛躍的に高まった。
それは、従来のような“塗り”でもなく、厚く塗った漆を削り出す“彫漆(ちょうしつ)”でもない、まったく新しい工芸技法の誕生だった。

The reason why most lacquer ware takes a circular or multi-sided shape is that the lacquer is applied to a material.
The shape of sculpted wood grain is limited, and a certain thickness is needed.
By eliminating the need to apply the lacquer to wood, the range of shapes that could be produced was greatly expanded.
This marked the birth of a completely new technique, distinct from the existing techniques of lacquering and lacquer carving, in which a thick coating of lacquer was engraved.

塗りの常識を超えて極限まで薄く、滴(しずく)を思わせる3次元曲面。
そして、どっしりと存在感を放つ高台との、印象的なコントラスト。
“漆を剥がす”という逆転の発想に、3Dプリンタなどの最新技術とデザインを掛け合わせ、漆本来の強さと美しさが際立つ、超極薄の漆器が完成した。

The result is a thinness beyond the limits of what had previously been thought possible - a curved, three-dimensional surface reminiscent of a droplet of water. This creates a striking contrast with its firmly grounded base.
The inverted concept of "peeling away the lacquer", used in combination with cutting-edge technology and design such as 3D printing, serves to accentuate the lacquer's innate strength and beauty, allowing the creation this ultra-thin lacquer ware.

角田陽太
Yota Kakuda

仙台生まれ。2003年渡英し様々なデザイン事務所で経験を積む。
2007年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)デザインプロダクツ学科を修了。
2008年に帰国後、無印良品のプロダクトデザイナーを経て、2011年YOTA KAKUDA DESIGNを設立。
多岐にわたり国内外でデザインを発表している。

SHIZUKU
各型は限定50個のみの販売となります。
We will limit sales to only fifty of each model.

Size

H67 x W153 x D160(mm)

Price

  • No.1/¥189,000-
    盃の部分に漆のみで成形する新技法を用いた、極薄の漆器。
    一番薄い箇所は約0.6mmと、これまでにない口当たりを実現した。
  • No.2/¥189,000-
    盃の部分に漆のみで成形する新技法を用いた、極薄の漆器。
    一番薄い箇所は約0.6mmと、これまでにない口当たりを実現した。
  • No.3/¥189,000-
    盃の部分に漆のみで成形する新技法を用いた、極薄の漆器。
    一番薄い箇所は約0.6mmと、これまでにない口当たりを実現した。

CONCEPT